セルフホワイトニング

セルフホワイトニングとは

「リスクを抑えた新時代のホワイトニングシステム」

全ての施術工程をお客様ご自身で行っていただくホワイトニング方法で一般的なホワイトニングとは考え方が全く違います。

ただ歯を「白く」するだけではなくお口のトラブルを未然に防ぎ、口腔ケアにも重点を置いた全く新しいサービスです。

口腔ケアで健康からもアプローチをかけて健康な白い歯で最高の笑顔を築き上げることです。

まず、一般的なホワイトニングは歯科医などで行われるホワイトニング方法です。

医療関係の分野になるので料金が高額であったり、扱う薬品が高濃度なものを扱うため歯にしみたり、痛みを伴う可能性があります。

その反面、セルフホワイトニングはお客様ご自身が施術を行うので高濃度の薬品や取り扱い上危険なものは使用しません。料金も取り扱う機械や薬品も最小限で済むので低料金でダメージフリーでのご提供が可能になりました。しかし、それでは「効果が期待できないのでは?」と思われたあなた!!そんなことはありません。機械のメーカーがしっかり臨床して安全上問題ない水準で効果を体感していただけます。

例えば・・・

たった4回のケアでご覧のとおり!!(週1回を4週行った例です。)

普段の歯磨きではなかなか落ちない黄ばみもこのようにきれいになります。

本来の白さに戻っていきます。なので違和感もなく自然な感じに仕上がります。

※個人差はあります。


ホワイトニングマシーン

ホワイトニングマシーンは今話題のマシーンを採用しております。

各種メディアに特集されていて芸能人も絶賛のマシーンです。

ダウンタウンDX

がっちりマンデー


ホワイトニングのしくみ

まず、取り扱う溶剤に関してです。

主成分に食品や化粧品などでも使われている「酸化チタン」を使用しております。

乳製品やホワイトチョコレートなどの白い食品によく使われている安全性の高い無機化合物になります。

この酸化チタンに青色LEDの光を当てることによって、「光触媒反応」を発生させ、歯の表面に付いている汚れを浮かして落とすことができます。そして本来ご自身が持っている歯の白さを取り戻すことを可能となりました。

光触媒では、「汚れ分解機能」「抗菌・殺菌機能」「消臭機能」「コーティング効果」が得られます。これにより、歯磨きだけでは落ちなかったステインやヤニ、歯垢の除去を促し健やかな笑顔を手にしていただけます。

※光触媒反応を応用したホワイトニングは歯に着色するのではなく、汚れを落としている「クリーニング」となります。


セルフホワイトニング施術の流れ

① 歯磨き(1回目)

1分~2分程で歯磨きをしていただきます。

 ↓

②色のトーンチェック

歯と色が近い番号を確認します。

 ↓

③紙エプロンの装着

汚れがついてしまわないように紙エプロンを付けます。(ザラザラした面が表)

 ↓

④保湿クリームの塗布

唇の乾燥を防ぐために保湿クリームを塗布していただきます。

 ↓

⑤マウスオープナーを装着

マウスオープナーのくぼみの部分を片側ずつ唇に引っ掛けるように装着します。

 ↓

⑥水分の拭き取り

ティッシュ等で歯の表面の水分や唾液をしっかりと拭き取ります。

 ↓

⑦溶液の塗布

ボトルをよく振り、真ん中・右・左と3~5プッシュ歯に吹きかけます。

 ↓

⑧アイガードの装着

LED光から目を守るアイガードを装着します。

 ↓

⑨LED照射

スタートボタンを押し8分間をLEDを照射します。

※8分後ブザーと共に自動で消灯します。

 ↓

⑩LED照射

唾液等が垂れないように上を向きながら、アイガードとマウスオープナーを外します。

 ↓

⑪歯磨き(2回目)

2回目の歯磨きを行います。

この際は、歯磨き粉を付けなくても大丈夫です。

 ↓

⑫2セット目

⑤~⑩の工程をもう1セット繰り返し行います。

 ↓

⑬歯磨き(3回目)

最後にもう一度歯磨きを行って頂きます。

※マウスウォッシュでうがいをします。

 ↓

⑭トーンチェック

再度シェードガードを使って施術前との変化をご確認ください。